ワクチン接種についての注意点

接種後は愛犬の様子をよく見て、安静に過ごすことが大切です。
ワクチン接種時に注意すること
  1. 妊娠犬には使用しないでください。
  2. 健康でないとワクチンは接種できません。
    愛犬の体調に気をつけてください。
  3. 接種後、しばらくの間はよく様子を見てください。
    普段と違った様子が見られたら、動物病院に連絡を。
  4. ワクチン接種当日は安静にし、接種後2~3日間は激しい運動やシャンプーは避けてください。
  5. ワクチン接種後、充分な免疫が出来るまで(通常約2~3週間)、他の犬との接触を避けてください。※初めてのワクチン接種の場合、1回では充分な免疫ができないことがあります。

次回のワクチン接種については担当の先生とよく相談してください。

ワクチン接種による副反応について
  • ワクチン接種後に熱が出たり、注射部位を痛がったりすることがあります。そのため元気がなくなったり、食欲が落ちてしまうことがありますが、通常は2~3日で回復します。
  • まれに、アナフィラキシーショックを起こしたり、じんま疹が出たり、顔が腫れてしまうことがあります。異常がみられたら、すみやかに動物病院に連絡を。

Copyright © Zoetis 2013-2015. All rights reserved. This information is intended only for residents of Japan. The product information provided in this site is intended only for residents of Japan. The products discussed herein may have different product labeling in different countries.