伝染病ってこわい!

愛猫の命をおびやかす、恐ろしい伝染病がたくさんあります。

猫がかかる伝染病には、「猫カリシウイルス感染症」、「猫ウイルス性鼻気管炎」、「猫汎白血球減少症」など危険な病気がたくさんあります。そんな恐ろしい伝染病も、ワクチン接種によって防ぐことができます。愛猫の命をおびやかす伝染病について、正しい知識を身につけましょう。

3種混合ワクチンで防げる病気

猫カリシウイルス感染症

この病気にかかる猫は非常に多く、風邪によく似たくしゃみ、鼻水、軽度の発熱などの症状を起こします。
口腔内に潰瘍、水疱ができるのが特徴で、稀に急性結膜炎、鼻炎、一過性の発熱が見られる他、関節と筋肉の痛みから跛行(うまく歩けない)になることもあります。 
また、子猫の場合は他の病気との合併症により症状が悪化し、死亡することもあります。
キャリアー(ウイルスを体内に持っている猫)から感染します。

猫ウイルス性鼻気管炎

風邪によく似たくしゃみ、鼻水、軽度の発熱などの症状の他、角膜炎や結膜炎が見られ、重症になると死亡することもあります。
キャリアーからの感染の他、空気中の微粒子、食器、寝具などからも感染します。

猫汎白血球減少症

子猫では食欲・元気消失、発熱、嘔吐、下痢などの症状が見られることもある死亡率の高い病気です。
妊娠中の母親が感染すると流産、異常産を起こすこともあります。
経過が速く、治療が困難なため、ワクチンによる予防が有効です。

その他の伝染病

クラミジア感染症

結膜炎が代表的な症状ですが、くしゃみ・鼻水・咳や肺炎を起こすことも。重症化すると死亡することもあります。

猫白血病ウイルス感染症

感染初期に発熱や元気喪失などの一過性の症状が見られますが、すぐに回復し、その後数ヶ月~数年を経て再発症。著しい免疫力の低下、貧血、白血病、腫瘍など、様々な病気を引き起こし、多くは死にいたります。

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)

感染初期には発熱、リンパ節の腫れなどが見られ、その後、長い無症状キャリア期を経て、“猫免疫不全症候群”と呼ばれる時期に入ります。口内炎、慢性の下痢など、抵抗力の低下が招く様々な症状が現れ、次第にやせ衰えて死に至ります。

猫伝染性腹膜炎(猫コロナウイルス感染症)

感染してもほとんどの猫は発症しませんが、いったん発症すると、多くは死に至ります。
感染猫の排泄物や、唾液・鼻水などの分泌物から感染します。有効なワクチンはありません。

Copyright © Zoetis 2013-2015. All rights reserved. This information is intended only for residents of Japan. The product information provided in this site is intended only for residents of Japan. The products discussed herein may have different product labeling in different countries.