専門家に聞くペットのためのQOL
【vol.2】
猫のフィラリア症に
ついて
金本 勇先生
【vol.1】
骨関節炎について
永岡 勝好 先生

「猫のフィラリア症について」

茶屋ヶ坂動物病院 院長 金本勇先生

「フィラリア」は、「犬糸状虫」といわれるように、犬と関わりの深い寄生虫です。でも実際は、犬ばかりでなく、猫やフェレットなどにも感染し、突然死などで命を落とすことも少なくありません。この「フィラリア症」と猫の関係について、犬や猫の心臓疾患に詳しい、茶屋ヶ坂動物院長の金本 勇先生にお聞きしました。

猫が咳をしたり、嘔吐すれば、要注意

 フィラリアの猫への感染経路は犬の場合と同様です。犬に寄生する成虫から生まれた仔虫(ミクロフィラリア)が、犬の血を吸った蚊の体内に入り、2度脱皮すると感染力のある第3期仔虫となります。すると、蚊が猫の血を吸う時、蚊の唾液腺から猫の表皮に出て、皮膚の穴(吸いあと)から皮下に入ります。そして皮下組織でさらに2度脱皮して第5期仔虫に成長。血管に侵入し、静脈から心臓に入り、右心室から肺動脈に移って、成虫になります。
しかし本来の宿主である犬と違って、猫の場合、フィラリアはうまく適応できず、多くても数匹程度しか寄生できません。それだけ、猫の拒否反応が強いわけです。その分、わずかでも成虫が生き残ると、その排泄物などで悪影響を受け、猫は咳をしたり、嘔吐したり、食欲をなくしたり、といった、呼吸症状や消化器症状を引き起こしやすくなります(中にはほとんど無症状のまま、病気が進行することもあります)。

フィラリア感染後無症状でも、突然死するケースもある

 フィラリアに感染した猫が引き起こす咳やぜんそくなど呼吸器関連の症候群は、HARD(Heartworm Associated Respiratory Disease=犬糸状虫随伴呼吸器疾患)と呼ばれています。しかし、猫の場合、咳をしていても、「ネコカゼ」と思ったり、嘔吐しても、胃腸が悪いのか、と思ったりして、見逃されるケースが少なくなさそうです。
そのうちに成虫が猫の体内(肺動脈や心臓)で死ぬと、成虫の死骸から出た有害物質によってはげしいアレルギー症状(アナフィラキシー・ショック)を起こし、突然死する場合もあります(猫に寄生するフィラリアの寿命は、犬に寄生する場合の約半分で2、3年といわれます)。
猫の場合、犬と違って、定期的なフィラリア検査や予防薬の投与があまり普及していないため、原因不明で突然死した猫を解剖して、成虫の死骸を発見。フィラリア感染に気付くこともあります。そんなわけで、現在、猫のフィラリア感染率は10%前後といわれますが、感染の有無が判明していないケースが多く、実態は明らかではありません。

各種検査でフィラリア感染が確定すれば、投薬治療や外科治療を行う

 フィラリア感染が疑われる場合、猫の免疫反応を調べる抗体検査やフィラリアの排泄物を調べる抗原検査を行い、陽性反応を示せば、エコー検査やレントゲン検査で成虫の存在を確認。具体的な治療方法を検討します。
しかし、犬のように駆虫薬を投与して成虫が死ねば、猫が突然死しないともかぎりません。そこで、予防薬を定期投与して成虫をすこしずつ弱らせていったり、首の血管(頸静脈)から鉗子を入れて、成虫をつり出す手術を行うこともあります。いずれにしても、猫は体が小さく、心臓や肺の血管も細く、はげしいアレルギー反応を起こしやすいので、細心の注意が必要です。

感染しやすい初夏から晩秋にかけて、定期的に予防薬を投与する

 そのため、猫のフィラリア症対策で何より重要なのは、感染予防となります。
 猫のフィラリア予防は、犬と同じく、蚊とフィラリアの活動が活発になる5月か6月から11月ごろまで、毎月、確実に予防薬を投与することです。たとえ室内飼いの場合でも、蚊は容易に室内に侵入してきますので、予防したほうが安心です。子猫の予防は6週齢から開始できます。
  もっとも、猫は味覚にうるさく、錠剤でも、チュアブルタイプでも確実に予防薬を飲ませるのは犬ほど簡単ではありません。そんな場合には、背中(首筋)に液状の薬剤を滴下するスポットタイプで、ノミやミミヒゼンダニ、回虫などの寄生虫も同時に駆除・予防できるものもありますので、病院で相談されるといいでしょう。

Copyright © Zoetis 2013-2015. All rights reserved. This information is intended only for residents of Japan. The product information provided in this site is intended only for residents of Japan. The products discussed herein may have different product labeling in different countries.