【Motion sickness】犬と乗り物酔い:犬が乗り物酔いをすることをご存じの方も、なぜ犬が乗り物酔いをするのか、どんな症状を起こすのかなど、くわしいことを知らない方は多いのではないでしょうか。乗り物酔いについての正しい知識を学んで、愛犬と一緒に快適なドライブを楽しみましょう。

まずはCHECK!:犬の乗り物酔いオリジナルアニメ

「犬の乗り物酔い」の症状や、予防方法、ドライブ時の注意点などを紹介しています。犬の乗り物酔いに関する正しい知識を学び、愛犬とのお出かけをより楽しめるようにしましょう。

「犬の乗り物酔い」のこと、わかりましたか?以下に、ポイントをまとめましたのでおさらいしましょう。

Point1:犬の乗り物酔いも人間と同じしくみ

犬の乗り物酔いも人間と同じしくみイメージ

犬の乗り物酔いも、人間と同じしくみで起こります。 乗り物の加速や回転により、耳の奥(内耳)にある、平衡感覚やバランスを整える前庭や三半規管に刺激を加えられ続けることで生じます。自動車でのドライブや、飛行機、船などに乗った時に生じるのが一般的です。

Point2:こんな症状のときは気をつけて!

□キョロキョロする □よだれを垂らす □心細げに鳴く □吠える □そわそわして落ち着きがなくなる □口をあけてしきりにあくびをする □震える □嘔吐する

嘔吐だけが乗り物酔いではありません。愛犬に左のような症状が見られたら、乗り物酔いを起こしていると考えられます。慌てずに車を停めて、様子を見てあげましょう。

これらの症状は愛犬を不安にし、不安がさらに症状を悪化させ、最終的に嘔吐を引き起こしてしまいます。また、人間の乗り物酔いと同様に、嘔吐をするまでには気持ちが悪い状態が続いているので、事前にケアをしてあげることが大切です。

Point3:乗り物酔いさせないために

□車に乗る際、不安そうである □車に乗る時、落ち着きが無い □車内でバランスを崩したり、フラフラすることがある □車などでお出かけの際、不快そうである □いままで、乗り物にのって嘔吐をしたことがある □乗り物に乗ったとき、いつもよりよだれが出る

まず、これまでに右記の症状が見られた愛犬は、動物病院へご相談の上、酔い止め薬を処方してもらうことをおすすめします。現在は、鎮静作用のないお薬が出ていますので、旅先でボーっとするようなこともなく、楽しく過ごすことができます。

これらの症状が見られない愛犬の場合でも、車内の換気や温度に注意を払い、安全第一の運転を心がけて、快適な旅行にしてあげましょう。
特に子犬の時は、ドライブを楽しく、ストレスのないものにしてあげましょう。家族とのドライブが楽しいものだと記憶することが、今後のドライブにとても重要です。

ページトップへ戻る