【Guide】目的別 愛犬との車でおでかけガイド:愛犬とのおでかけを楽しむために、おでかけ先選びは重要なポイント。愛犬とどんな楽しみ方ができるかを考えながら、愛犬に合ったおでかけ先を選びましょう!

  • 買う:大型ショッピングモール・アウトレットモール

    ウインドーショッピングを楽しもう!

    最近では、愛犬同伴可のアウトレットモールやショッピングモールが増えてきました。中にはドッグランを併設しているところも。一緒にショッピングを楽しんだり、ドッグカフェやテラス席を利用してランチしたりなど、愛犬との楽しみ方もいっぱいです。

    体験談

    サニーちゃん/12歳/東京都

    ワンちゃんウォッチがお気に入り♪

    サニーとのおでかけ先で多いのはショッピングモールです。店内には入れないところもあるけれど、だいたいどこのモールも敷地が広いので、一緒にお散歩しながら店舗を眺めるだけでも楽しめます。私のお気に入りは、サニーと一緒にワンちゃんウォッチすること。ご近所で見かけないような珍しいワンちゃんに会えることも多いです。

  • 遊ぶ:キャンプ場

    自然の中でのびのびと遊ぼう!

    アウトドア派の飼い主さんに人気が高いキャンプ場ですが、キャンプサイトによっては、愛犬の同伴不可や条件付きで同伴を許可している場合もあるので、事前にチェックが必要です。愛犬同伴専用ゾーンやドッグランが併設されているなど、ワンちゃん大歓迎のキャンプ場であっても、中には犬が苦手な方が利用されている場合もあります。ルールを守って楽しみましょう。

    体験談

    ビーちゃん/5歳/静岡県

    初めてのキャンプの思い出

    ビーが家族に加わり、最初の夏に2泊3日でキャンプに出かけました。何もかもがビーにとって初めての体験でおっかなびっくりでした。川の浅瀬で穴堀りしたり、一緒に同じご飯を食べ、山に散策に行ったりと、とても生き生きしていました。普段は妻にベッタリなのに、外での寝起き(実際はテントの中ですが)に不安を感じていたのか、私に付きまとうように常に傍にいて、寝るときも一緒のシュラフでした。今ではやはり妻にベッタリなので、あのときは良かったな~とつくづく思います。

  • 憩う:ドッグランのあるSA・PA

    ドライブ疲れを楽しくリフレッシュ!

    高速道路を使って長距離ドライブをする際は、人間同様、犬にも休憩が必要です。事前にドッグランのあるサービスエリア・パーキングエリアをチェックしておくと、愛犬も自由に遊ぶことができ、よい気分転換となるでしょう。ただし、ドッグラン以外の場所でのノーリードは厳禁。マナーを守って楽しいドライブにしましょう。

    体験談

    モカちゃん/6歳/埼玉県

    車酔いしたときの心強い味方

    初めての1泊旅行に行ったとき、高速道路で渋滞にはまったせいで、車に酔ってぐったりしてしまったモカ。連れてきたことを後悔しかけましたが、途中立ち寄ったサービスエリアにドッグランを発見! さっそく連れて行ったら、だんだんと元気を取り戻して、楽しそうに走り回ってくれました。ドッグランで遊び疲れたせいか、その後は車内で寝てしまい、酔うことなくペンションに到着できました。高速道路のドッグランは、車酔いしたときの心強い味方ですね!

  • 泊まる:愛犬同伴可の宿泊施設

    個性豊かな宿泊施設からお気に入りの宿を選ぼう!

    ワンちゃんも入れる温泉があったり、アジリティ設備が設置してあったりなど、さまざまな趣向を凝らした愛犬同伴可の宿泊施設が増えている一方、ワンちゃんの宿泊は可能だけれどもクレート(ハードタイプのキャリー)から出してはいけないような場合もあり、一口に愛犬同伴可の宿泊施設といっても、条件はさまざまです。室内で一緒に過ごせるのか、ワンちゃん専用ルームに預けるのかなど、事前によく確認しましょう。室内で一緒に過ごせるタイプの場合、大型犬は不可となっていることもあるので注意が必要です。また、発情前後のワンちゃんは利用不可の場合がほとんどと考えてよいでしょう。

    体験談

    詩紋ちゃん/1歳/東京都

    ワンちゃん用足湯で温泉を満喫♪

    ペット専用コテージに行った時、家族が客室内温泉に入るたびにタタタタッとやってきて「いいなー」「気持ち良さそうだなー」と眺めている様子が可愛かったです。ワンちゃん用の足洗い場に少し温泉をためて足湯させてあげたら、じっとして、そのうちぺたんとお腹までつけて気持ち良さそうでした。

乗り物酔いしちゃうワンちゃんへ:犬も乗り物酔いをすること、ご存じですか? 乗り物酔いのしくみや症状をチェック!
ページトップへ戻る