犬の病気
フィラリア症【注意するPoint】蚊の活動時期に合わせて、定期的な予防をおこないましょう  

【予防するには】

フィラリア予防薬を投与することによって予防できます。蚊の活動時期に合わせて、定期的に投与することが望まれます。たとえ室内飼育であっても蚊に刺される可能性はありますので、しっかりと予防をおこないましょう。毎月1回投与する予防薬には錠剤やスポットタイプがあります。獣医師が注射して、1年間予防効果が持続する薬剤もありますので、かかりつけの動物病院で相談するとよいでしょう。

【症状】

咳や腹部の膨張、運動を嫌がる、呼吸困難などの症状がみられ、放置すると死にいたる場合も。多くの場合、慢性的に病気が進行していきますが、急激に症状が悪化することもあります。

【原因】

フィラリアは蚊が媒介します。蚊がフィラリアに感染した犬を吸血すると、幼虫(ミクロフィラリア)が蚊の体内に入り、その蚊がまた別の犬を吸血することで感染・寄生します。犬の体内に侵入した幼虫は、成長に伴い静脈を伝って心臓や肺動脈に寄生し、様々な障害をもたらします。

【治療法】

内科療法では寄生しているフィラリアを薬で駆虫しますが、その死骸が血管を詰まらせてショックを起こしてしまう場合があります。また外科療法では手術をおこない、寄生しているフィラリアを取り出します。どちらも簡単な治療ではないので、予防で感染させないことが何より大切です。

Copyright © Zoetis 2013-2015. All rights reserved. This information is intended only for residents of Japan. The product information provided in this site is intended only for residents of Japan. The products discussed herein may have different product labeling in different countries.