QOL FOR CAT ケアすべき病気

ズーノーシスについて

猫から人にうつる主なズーノーシス

■ 猫ひっかき病(バルトネラ菌)

感染猫にかまれたり、ひっかかれたりすることで発症。数日~2週間後、傷口に丘疹や膿、水疱などができ、リンパ節の腫れや疼痛、発熱などの症状が見られます。

■ パスツレラ症(パスツレラ菌)

猫のほぼ100%が保有するパスツレラ菌が原因。かまれたり、ひっかかれたり、猫の唾液が口に入ることで感染。風邪や肺炎に似た呼吸器系の症状が出たり、傷口に激痛、発赤、腫れを起こしたりします。抵抗力の弱い人だけが発症する「日和見感染症」です。

■ トキソプラズマ症(トキソプラズマ原虫)

便の汚染物が口に入ることで感染。通常は無症状ですが、妊婦が感染すると、流産や死産したり、生まれてくる子どもに視力障害や脳障害が起こる場合があります。

■ 瓜実条虫症(瓜実条虫)

被毛に付いたノミ(中間宿主)が口に入ることで感染。下痢や腹痛、肛門掻痒症などの症状が見られます。

■ 回虫症(ネコ回虫)

便の汚染物や、被毛に付いた虫卵が口に入ることで感染。幼虫が肝臓や肺に侵入し、肝臓の腫れや咳、発熱などを起こすほか、まれに幼虫が目に移行して、視力障害の原因になることも。

ズーノーシス予防のポイント

  • 猫にキスをしたり、口移しで食べ物を与えたり、過剰なスキンシップは避ける。
  • ひっかかれたり、かまれたりした時は、すぐに傷口の消毒を!
  • なでたりだっこしたり、スキンシップをした後は必ず手を洗う。
  • 外部・内部寄生虫の駆除・予防の徹底を。
  • 猫だけでなく、周辺環境もつねに清潔に保つ。
  • 外は様々な病原体に感染する危険が多いので、完全室内飼いがおすすめ。

Copyright © Zoetis 2013-2015. All rights reserved. This information is intended only for residents of Japan. The product information provided in this site is intended only for residents of Japan. The products discussed herein may have different product labeling in different countries.