QOL FOR CAT もっと猫を学ぼう

猫の「食事」

授乳期(生後3週齢ぐらいまで)

 離乳が済んだ子猫を迎えた場合は、授乳の必要はありませんが、生後間もない子猫を保護した場合などは、「人工授乳」が必要です。

牛乳は使わない

与えるのは、牛乳ではなく、市販の子猫用ミルクにしてください。猫には牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が少なく、特に子猫の場合は下痢の原因になります。

哺乳瓶かスポイトで

子猫用ミルクを表示の規定量に従って、猫用の小さな哺乳瓶かスポイトで与えてください。授乳回数は、一日5~6回を目安に。

排泄を助ける

子猫は自分で排泄できないので、ぬらしたティッシュやガーゼで肛門を刺激して、排泄を促してあげましょう。

離乳期(生後3~8週齢ぐらいまで)

 3週齢を過ぎ、体重が300~400gになると、ミルクだけの食事から、少しずつ離乳食を混ぜるようにしていきます。
 離乳食は市販のものもありますし、子猫用のドライフードをお湯でふやかして柔らかくしたものでもかまいません。また手作りするのなら、ゆでた鶏のささみや白身の魚などを細かく刻んで、猫用ミルクであえてもいいでしょう。初めは、人の指先につけたり手のひらで与え、子猫が慣れてきたら徐々にお皿で食べさせるようにします。
 6~8週齢をめどに、完全離乳できるようにしましょう。

成長期(8週齢~12ヵ月齢)

8週齢~12ヵ月齢までは、成長期に当たります。特に6ヵ月までは育ち盛りの急成長期で、この時期の子猫は、単位体重(1kg)当たり、成猫の約2倍のエネルギーが必要です。
 食事には、成長期用に作られた、消化性に優れ、高タンパクの子猫用フードを与えてください。また、子猫の口や体は小さく、一回に食べられる量も消化できる量に限られています。一日分の給与量を3~4回に分けて与えましょう。
 6ヵ月を過ぎると、成長スピードは落ちてきます。体も大きくなり、一見、成猫のように見えますが、まだ成長段階ですので、引き続き栄養価の高い子猫用フードを与えましょう。

成猫期(1歳~7歳)

 1歳~7歳までは、成猫期もしくは維持期と呼ばれます。高タンパク質・高脂肪の成長期用フードをそのまま与え続けると肥満を招いてしまうので注意が必要です。成猫に合った栄養バランスのフードを、一日2回程度に分けて与えましょう。また、避妊・去勢手術をした猫は、基礎代謝量が低下しているため食事の量に注意することが大切です。

高齢期(7歳~)

 7歳、8歳以降の高齢期になると、基礎代謝量が低下しているので、必要なエネルギー量が少なくなります。成猫期と同じカロリーの食事を与えていると肥満を招くことがあるので、高齢期の猫に適した低カロリーの食事を与えるようにしましょう。また、高齢期の猫は腎臓病や、便秘、歯槽膿漏などの健康問題を抱えていることも多いので、愛猫の健康状態に適した食事を与えましょう。

猫に与えてはいけない食べ物

  • ネギ類赤血球を壊し、血尿や貧血の原因になります。
  • 貝類アワビやサザエなどに含まれる毒素が皮膚病を引き起こすことがあります。
  • 青魚与えすぎるとビタミンEの欠乏を起こし、黄色脂肪症になることがあります。
  • 牛乳乳糖を消化できず、下痢の原因に。
  • チョコレートチョコレート中毒(不整脈やけいれんなど)になることがあります。
  • 鶏の骨鋭く縦に割けるため、のどや消化器官に刺さって傷つけることがあります。
  • 塩分かまぼこなどの加工品、味の濃い食べ物は、腎臓に大きな負担をかけます。
  • ドッグフード猫と犬では必要なエネルギー量も栄養素も異なるため、栄養障害に。

Copyright © Zoetis 2013-2015. All rights reserved. This information is intended only for residents of Japan. The product information provided in this site is intended only for residents of Japan. The products discussed herein may have different product labeling in different countries.