QOL FOR CAT ケアすべき病気

猫のフィラリア症【注意するPoint】突然死をまねく恐ろしい病気。定期的な予防が重要に  

【予防するには】

フィラリアの予防薬を月1回投与することによって予防できます。蚊の活動時期に合わせて、投与することが望まれます。たとえ室内飼育であっても蚊に刺される可能性はありますので、定期的な予防をおこないましょう。
予防薬には錠剤やチュアブルタイプなどさまざまなものがありますが、簡単なスポットタイプで、6週齢の子猫から使用でき、ノミやミミヒゼンダニ、回虫などの寄生虫も同時に駆除・予防できるものもあるので、動物病院で相談するといいでしょう。

【症状】

咳や呼吸困難などのHARDと呼ばれる呼吸器症状や、嘔吐、食欲不振が一般的にみられますが、このような症状を示さないこともあります。さらに無症状で病気が進行し、突然死を起こす場合があります。

※アメリカではフィラリアによる咳や喘息などの呼吸器関連の症候群はHARD(Heartworm Associated Respiratory Disease=犬糸状虫随伴呼吸器疾患)と呼ばれています。

【原因】

フィラリアは蚊が媒介します。蚊がフィラリアに感染した犬を吸血すると、幼虫(ミクロフィラリア)が蚊の体内に入り、その蚊が次に猫を吸血することで感染・寄生します。猫の体内に侵入した幼虫は、成長に伴い静脈を伝って心臓や肺動脈に寄生し、障害をもたらします。とくに猫の場合は、本来の宿主である犬に比べ、フィラリアに対する体の拒否反応が強く、わずか1匹の寄生でも激しい症状を引き起こすことがあります。

【治療法】

薬による内科療法やフィラリア摘出のための外科療法がありますが、確実な治療法が確立されていません。また、猫の場合は、感染しているかどうかの診断も難しく、検査をおこなっても確定できないことがほとんどです。そのため、定期的な予防がなにより大切になります。

Copyright © Zoetis 2013-2015. All rights reserved. This information is intended only for residents of Japan. The product information provided in this site is intended only for residents of Japan. The products discussed herein may have different product labeling in different countries.