QOL FOR CAT もっと猫を学ぼう

猫の「しつけと日常のケア」

トイレのしつけ

 生後3~4週齢になると、子猫も自力で排泄できるようになります。猫用トイレと砂を用意し、人通りの少ない子猫が安心できる場所に設置してください。猫のトイレのしつけは犬よりずっと簡単です。
 食後や遊びの最中に、急に部屋の隅をうろうろしたり、前足で床をかくしぐさをしたら、すぐにトイレに連れていき、上手にできたらほめてあげましょう。もしトイレ以外で粗相したら、その場で「ダメ」と言って叱ります。決してたたいたりしないでください。粗相の後はきれいにふきとり、消臭剤などで臭いを残さないように。ふきとったティッシュを猫のトイレに置き、子猫に臭いをかがせて、そこがトイレであることを覚えさせてください。

爪とぎのしつけ

 大切な家具やじゅうたんで爪とぎをされるのは本当に困りもの。とはいえ、爪とぎは猫の本能なので、やめさせることはできません。 そこで、猫用の“爪とぎ”を用意しましょう。子猫がしてはいけない場所で爪をとぎ始めたら、“爪とぎ”まで連れていき、前足をもって爪をとぐまねをさせ、そこが爪とぎの場所であることを教えます。トイレのしつけより大変ですが、根気よく繰り返してください。
 市販の“爪とぎ”にはダンボール製、木製、布製などいろんなタイプがあり、また猫の好きなマタタビ付きのものもありますので、お気に入りのものを見つけてあげましょう。

グルーミング

ブラッシングやシャンプー、爪切り、耳のお手入れなどは、子猫の時から慣れさせないと、嫌がってさせてくれません。小さいころから十分なスキンシップをし、体中、どこでも触らせてくれるようにしましょう。
 ブラシやクシを使ったお手入れも、最初は短時間から。強引に押さえつけたり、毛を引っぱって痛がらせると、ブラッシング嫌いになるので、くれぐれも無理はしないこと。また水を使ったシャンプーは、体への負担もストレスも大きいので、3~4ヵ月齢を過ぎてからにしましょう。

歯磨き

 歯磨き習慣をつけるのも、子猫の時から慣れさせることが一番です。歯が生え始めたら(3~4週齢ごろ)、口の中を触られることに少しずつ慣れさせていきましょう。
 最初は、あごや口のまわりをなでることから始め、猫が気持ちよさそうにしたら、次は口の中に指を入れてみます。そして、猫が指で歯や歯茎に触られることを嫌がらなくなったら、今度はガーゼを巻いた指で、そっと歯の表面をなでたり、歯茎をマッサージしたりします。もし嫌がるようなら、ガーゼに好物の魚汁などを付けて、なめさせながら行ってもいいでしょう。
 こうして子猫が歯磨きに抵抗がなくなったら、ようやく歯ブラシの登場です。ペット用の小さい歯ブラシや指にはめるタイプの歯ブラシで、本格的な歯磨きを開始してください。

Copyright © Zoetis 2013-2015. All rights reserved. This information is intended only for residents of Japan. The product information provided in this site is intended only for residents of Japan. The products discussed herein may have different product labeling in different countries.